使わない春・夏アイテムの整理をしておこう!

秋が着て、もう着ない春・夏アイテムはきちんと整理をして来年美しい状態で着られるように準備をしておきましょう。

春・夏と長い季節使ってきたアイテムたちは見えないところで疲労が溜まってしまっている状態にあります。
特に夏物は日差しにやられて生地がいたんでしまっている可能性が高いです。
色あせや型崩れが目に見えない状態でも非常にダメージが蓄積していると考えて手入れをした方がいいです。

ただ洗濯してタンスや押し入れにいれておしまいでは蓄積したダメージによりどんどん劣化が進んでしまいます。
必要なものはクリーニングに出すこと、洗濯機も通常ではなく長い時間をかけてゆっくり回すこと、その際ネットに入れて生地へのダメージを防ぐなどの工夫が必要です。

天日干しではなく、日陰干しでしっかりと休ませてあげることも必要です。
日陰干しは匂いが気になりますが、防虫剤を入れてしまうため、衣替えのときはそこまで注意を払う必要はないでしょう。

そしてしっかりと乾かして、丁寧に畳んでしまうようにしましょう。
春・夏とあなたを美しく飾ってくれたアイテムたちです。
感謝の気持ちを込めながら、1着1着丁寧に整理整頓するようにしましょう。
その中で不要なもの、もう着ないものなどはしっかりと処分してすっきりした状態で来年を迎えられるようにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です